登山 道具 売却 | 高価買取は専門業者がお得

登山 道具 売却 | 高価買取は専門業者がお得

登山 道具 売却 | 高価買取は専門業者がお得

登山ですが、山ガールなどで影響を受けて登山をされる方はめずらしくありませんよね。
しかし、登山者のなかには、新しい道具に買い替えたいが古い登山道具をどうしようと
言う方がいるかと思います。また、毎年流行もかわるので使ってないんだけど処分したいなどお悩みの方も多いと思います。

 

そんな処分を考えている方に調査しましたので参考にしていただきたくお願いします。

 

登山 道具 売却 アウトドア買取専門店

アウトドア買取専門店の「買うトドア」では、登山靴、登山ウェア、
ザックなどの登山道具を高額買取をする専門店です。

 

専門店なので登山道具を熟知した査定のプロが対応してます。
知識豊富な専門の査定員が一点一点丁寧に買い取ってくれるので安心して依頼しやすいです。
自分で梱包して登山道具を送ると査定額が500円UPします。

 

登山 道具 売却 無料サービスは豊富

問い合わせから送料、査定料、手数料などは全て無料なんです。
さらに宅配キットを無しにすると査定額が500円UPするんです。
これは宅配キットを申し込まず、自宅にある箱などに売りたいキャンプ用品を詰めて送るという簡単作業です。

 

もちろん送料無料で着払いで送るだけで買取価格がアップするんですよ。スーパーで無料でダンボールを持って来れる場所があり、ひと手間かけるだけで査定アップしますのでオススメです。

 

「買うトドア」をお薦めします。

 

登山 道具 売却 買うトドア」を薦める理由

登山用品のアイゼンやピッケルは登山で使用するとメンテナンス必要です。
登山後、メンテナンスをしないで置いておくとすぐにサビが発生してしまいます。
また、長く使わない登山道具はいろいろ。問題が発生するんです。

 

テントなんですが年数がたって使用していると、なんとなくテントがベタベタするような体験をした方もいるんではないでしょうか。
これは経年劣化によりテントの防水加工剤が溶け出してしまう状態なんです。

 

使用頻度や使用年数で差はありますが、年数の経ったテントには避けられない現象なんです。
また、登山靴も経年劣化で靴底がはがれることがあります。

 

登山 道具 売却 フリマの高価販売は困難

メルカリやオークションなどで販売すると個人取引なので、取扱いが厳しいですよね。
あとでクレーム対応が大変です。

 

このようなまだ使えるがメンテナンスが必要な商品。これを買い取ってくれるのが「買うトドア」以外にはありません。
また、登山用品専門店のほうが、普通のリサイクルショップに持っていくよりも本当に登山が好きな人にもらわれたほうが、適正価格も保たれて道具たちも満足だと思います。

 

私が「買うトドア」を知らず、リサイクルショップにピッケルを売却しようと持っていったら
これはなんに使うのか聞かれ困惑したことがありました。

 

やはり、専門店「買うトドア」です。

 

登山 道具 売却 最短での査定

リサイクルショップに持ち込んだときなんだか自分を過酷な登山から守ってくれた道具たちに申し訳なくなってしまい売却するのをやめて家に持ち帰りました。
店員さんは悪くはありませんが、そのモノの価値を知っている人に引きとられるのが一番いいと思います。

 

そして売却値段が適正価格であれば言うことなしです。「買うトドア」の売却する方法ですが、指定フォームからお申込みを入力はします。最短30秒で完了なんです。

 

登山 道具 売却 素早い対応

届いた段ボールにアイテムを詰めて「買うトドア」に送ります。最短2日で査定結果をメール教えてもらえます。査定金額に納得できましら、指定の口座に即日振込されます。
本当にすばやい現金化なんです。

 

また、「他店よりテントの買取金額が1円でも安ければ全品返却いたします!」とうたい文句掲げてます。ネットを中心に売買をしており人件費、店舗費用を極力抑えて満足いく買取り価格を提案してもらえます。

 

注意点とポイントとしては買い取り不可のモノがあるか初めに相談してみてください。現品は売却するばあい宅配で送付する必要があり、その手間を考えて不可のものか初めに相談するのが賢明です。

 

登山 道具 売却 買うトドアの良い売却!

あと、送付する商品が多数ある場合、写真に保存しておくのがいいですよ。
査定結果は送ってもらえますが、写真と比べて確認するのが確実ですよね。
まとめ
近年登山の人気ものすごく高まってますよね。登山用品は高く買取ってもらえる傾向にあるんです。少しでも価値を見出してくれる買取業者「買うトドア」を選ぶのが、登山用品の買取にかかせないポイントです。


ホーム RSS購読